横断幕の原稿の作り方について

こだわりの横断幕

スポーツの盛んな昨今では、多くの人がその応援にいきます。
せっかく応援するのだから精一杯応援したいものです。

選手の応援

そのツールとして、横断幕を持っていく人も多いです。
しかしながら、横断幕を紙で自主制作する場合には
注意点があります。

まずは破れないようにすることです。
横断幕に関しては、持参する際にも、応援中にもやぶれてしまっては元も子もありません。

そのため、作り方では紙を避けて、布の方がいいのです。
布の場合は、インクなどにも向き不向きがあります。
結局、自分たちで作るのは、困難と言っても過言ではありません。
そのような状況になった時は、プロフェッショナルに依頼するといいでしょう。

プロに依頼

大きさや色などの指定をしたり、布の質感なども相談しましょう。
なんといっても、出来ること・出来ないことを相談できるので心強いです。

一般の人で横断幕に詳しい人は多くないでしょうから。

また、横断幕を作る際に重要になってくるのは、原稿です。
応援のための文言や、対象となる人物の名前などを入れて、
それを見栄えよく、見やすくするための原稿を考えることも重要になります。

大まかな作り方は、見やすいような均等割り付けがされているものも好まれます。

キレイなデザイン、かっこいいデザイン色んなデザインが有りますが。
重要なのは伝えたいことが分かり易いこと。
まずは一番伝えたいことからデザインを考えてみてください。

応援用横断幕の決まり|ルールを守って皆が気持ちいい応援をしましょう

そして取り付ける際にも、考えなければならないことがあります。
ひとつは場所の問題で、事前に登録が必要であったり、デザインの傾向が指定されているなどの条件があるチームも少なくありません。それらの基準を満たしていないと、横断幕を設置できない場合も考えられます。

設置する場所が決まっている場合は、作成を始める前の段階で調べておくことも大切です。 またチームによっては公認の私設応援団があるところも多いです。
横断幕を設置する場所など独自のルールが定めてある場合は、そちらを優先する必要があります。

あくまでも自主的な応援だということを忘れずに、万が一にもトラブルに発展しないように注意しましょう。 そして取り付ける際に結び付ける部分があれば良いですが、なければ貼り付ける必要があります。その時には粘着力が強いため塗装を剥がしたり、跡が残る怖れのあるガムテープを禁止にしているところも多いです。粘着力が弱い養生テープだと可能な場合があるので、あらかじめ会場に問い合わせた方が良いでしょう。

スポーツ選手はルールに則ってプレイをします。応援する側もその精神を汚してしまわないように、マナーを大切にして適切な方法で行いましょう。

メニュー
製作方法
大きさ
デザイン
伝えたい事
専門知識
SITEMAP
横断幕いろいろ
シルク印刷
プリント
魅力的
適した素材
注意点
オリジナル