横断幕の印刷や加工をプロの業者に依頼する

こだわりの横断幕横断幕は看板の形態の一つで、大判の生地に
告知などの表記内容を印刷したものを、横方向に展開して
掲示するものです。

布地を用いることから、取り付けが容易で、
収納した際もスペースを取らないなどの利点があります。
のぼりと看板の良いところ取り。

そんな使い方ができるのが横断幕の特徴でもあります。
また、スポーツ観戦などの場面でも活躍しているのが横断幕。
こうした横断幕は様々な素材が用いられており、一昔前までは綿布などに
塗料などで直接文字などを書き込んだものが主流でしたが、現在では
ポリエステル生地や、ターポリンなどが多く使用されています。

これらの素材は、耐久性や耐候性に優れ、また、ハトメ加工などをすることで
更に強固に横断幕を取り付けることが可能となっています。

これらの素材は、大型のインクジェットプリンタで表記内容を印刷されるため、
その製作にかかる時間も従来に比べ大幅に削減されています。

また、横断幕は、その取り付け場所も選ばず、屋内、屋外どちらにも対応しており、
屋外などの風の影響を減らすメッシュターポリンなどの素材も
人気が高いものとなっています。

より使い勝手がいいもので制作したいものです。
専門業者の方に相談してみることおすすめします。

横断幕でよく使われるのはポリエステル生地です。
最近ではポリエステルも多くの生地が有ります。
中には綿素材や麻素材に似せた素材もあります。

メニュー
製作方法
大きさ
デザイン
伝えたい事
専門知識
横断幕いろいろ
シルク印刷
プリント
魅力的
適した素材
注意点